Language

Welcome to Yuzaki Lab
    慶應義塾大学医学部柚崎研(神経生理学)では「神経活動や環境の変化が、どのようにして記憶・学習を引き起こし、どのように神経回路網そのものを変化させるのか」というテーマに沿って研究を行っています
Past News
Journal Club
Recruiting!
意欲あふれる方の参加を待っています。これからの基礎科学を担う若手研究者を積極的に育てていきます。
   医学部修士過程はこちら
   医学部博士課程はこちら
   連絡先はこちら
Weather in Tokyo
Current time in Tokyo

教授 柚崎通介

2016Yuzaki

myuzaki@a5.keio.jp

2017年を迎えて:

中枢神経系におけるシナプス形成・維持・除去過程の解明を目指して教室一丸となって引き続き研究を進めています。

自然免疫系で異物を認識する分子である補体C1qは進化的に古い分子です。C1qに似た分子群は「補体ファミリー分子」と呼ばれ、面白いことに中枢神経系においてシナプス機能を制御することが近年明らかになっています。

海馬の苔状線維(歯状回顆粒細胞の軸索)―CA3シナプス後部にカイニン酸型グルタミン酸受容体(KAR)が集積することは従来から知られていますが、そのメカニズムは謎でした。平成28年には、松田恵子講師らが中心となり、苔状線維が分泌する補体ファミリー分子C1qL2とC1ql3が、シナプス後部へのカイニン酸受容体の集積を決定することを発見しました(Neuron, 2016)。

小脳の平行線維(顆粒細胞の軸索)からは補体ファミリー分子Cbln1が分泌され、シナプス前部のニューレキシン(Nrx)とシナプス後部のδ2型グルタミン酸受容体(GluD2)に結合することにより、平行線維―プルキンエ細胞シナプスが形成・維持されます。平成28年にはOxford大学のRadu Aricescu研究室と、教室の掛川准教授らが中心となって、Nrx-Cbln1-GluD2という形成される3者複合体の結晶構造とともに、シナプス形成・シナプス可塑性が制御される機構を明らかにすることができました(Science 2016)。

近年、ヒトゲノムの解析により、GluD2や補体ファミリー分子と精神疾患との関連が示唆されています。大塚君は脳の部位特異的Cbln1遺伝子欠損(KO)マウスを作成することにより、小脳のみでなく前脳に発現するCbln1が認知機能に関与することを明らかにしました(J Neurosci 2016)。この論文は大塚君の博士論文です。

平成28年の教室人事としては、4月に幸田前准教授が聖マリアンナ医科大学生理学教室教授として栄転しました。また会見昂大君と野澤和弥君がそれぞれ博士課程と修士課程に入学しました。掛川渉君と松田恵子君はそれぞれ准教授と専任講師に昇進しました。

柚﨑はこれまで文科省脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)のプログラムオフィサーとしての仕事が終わったと思いきや、平成28年より日本医療研究開発機構(AMED)に移管された脳プロにてプログラムスーパーバイザーを務めることになりました。また脳科学関連学会連合の将来構想委員長となりました。平成31年に神戸で行われるアジア大洋州生理学連合(FAOPS)会議の組織委員も引き続き務めます。これらの仕事を通じて、次の世代の神経科学研究者の育成に貢献できればと考えています。

今後もより一層のご指導ご鞭撻をお願い致します。

—-以下いつもの自己紹介—–

好きなこと:
・科学的なディスカッション。
・本屋と文房具屋でうろうろすること。
・読書(濫読)。吉村昭・塩野七生・米原万里が好きですが読み尽くしました。
・おいしいものを食べること。体重は単調増加中で、悩みの種です。

嫌いなこと:
・形式と建前。「本音」が良いですね。
・わさび漬け。らっきょう。
・眠れない夜。最近不眠症気味。
・頭髪の減少傾向。

エッセイもご参照下さい。

ゑれきてるインタビューも。

履歴書はこちら。