Language

Welcome to Yuzaki Lab
    慶應義塾大学医学部柚崎研(神経生理学)では「神経活動や環境の変化が、どのようにして記憶・学習を引き起こし、どのように神経回路網そのものを変化させるのか」というテーマに沿って研究を行っています
Past News
Journal Club
Recruiting!
意欲あふれる方の参加を待っています。これからの基礎科学を担う若手研究者を積極的に育てていきます。
   医学部修士過程はこちら
   医学部博士課程はこちら
   連絡先はこちら
Weather in Tokyo
Current time in Tokyo

2017

新しい化学プローブによる内因性AMPA受容体の可視化法(Nature Commun)2017.4.8
Wakayama S, Kiyonaka S, Arai I, Kakegawa W, Matsuda S, Ibata K, Nemoto YL, Kusumi A, Yuzaki M, Hamachi I. Chemical labelling for visualizing native AMPA receptors in live neurons. Nat Commun. 8:14850, 2017.
Nature Commun in press.

私たちの脳では興奮性神経伝達はグルタミン酸によって担われており、とりわけAMPA型グルタミン酸受容体は速い神経伝達を伝える重要な受容体です。シナプス後部におけるAMPA受容体の数が長期的に変化することこそが、記憶の最も基礎的な過程と考えられています。これまでAMPA受容体の数の変化については、固定標本において抗体染色によって行うか、あるいは蛍光プローブをつけた外来性AMPA受容体を発現させることによって研究されてきました。本研究では、全く新しい化学ラベル化法を開発することによって、脳内における内因性AMPA受容体を可視化し、その変化を経時的に観察することに成功しました。本成果はJST CRESTの支援を受けて行われた京大浜地研と柚﨑研による共同研究の成果です。

MTCL1は微小管安定化を介してプルキンエ細胞の初節の維持と機能発現を制御する(EMBO J)2017.3.14
Satake T, Yamashita K, Hayashi K, Miyatake S, Tamura-Nakano M, Doi H, Furuta Y, Shioi G, Miura E, Takeo YH, Yoshida K, Yahikozawa H, Matsumoto N, Yuzaki M, Suzuki S. MTCL1 plays an essential role in maintaining Purkinje neuron axon initial segment. EMBO J in press.

軸索初節(AIS)は活動電位を発生する部位であり、ankyrin Gによって形成が制御されます。しかしankyrin Gがどのように集積するのかはよく分かっていませんでした。この研究では微小管架橋分子MTCL1がAISの形成と維持に必須の役割を果たすことを明らかにしました。横浜市大の佐竹さんと鈴木教授の研究です。柚崎研では子宮内電気穿孔法や組織解析にて共同研究しました。

補体ファミリ分子によるシナプス形成ー「補う」ばかりではない(Curr Opin Neurobiol)2017.2.20
Yuzaki M. The C1q complement family of synaptic organizers: not just complementary. Curr Opin Neurobiol in press.

Cbln1は孤児受容体デルタ型グルタミン酸受容体のリガンドとして発見されました。その後、C1qや、C1q-like(C1qL)など、「補体」ファミリーに属する分子群がシナプス形成・維持・除去などのさまざまな過程に必須の役割を果たすことが分かってきています。本invited reviewでは、ヒト疾患との関連も含めて現在の研究の現状を概説しました。

mRNA導入によるiPS細胞から運動ニューロンへの急速分化法(Scientific Reports)2017.2.13
Goparaju S, Kohda K, Ibata K, Soma A, Nakatake Y, Akiyama T, Wakabayashi S, Matsushita M, Sakota M, Kimura H, Yuzaki M, Ko SBH, Ko M. Rapid differentiation of human pluripotent stem cells into functional motor neurons by mRNAs encoding transcription factors. Scientific Reports  13;7:42367, 2017.

転写因子をコードするmRNAを導入することによって、iPS細胞から運動ニューロンに効率よくかつ急速に分化させる方法の報告です。システム医学講座の洪先生との共同研究成果の論文です。日経新聞などにも取り上げられました。

デルタ受容体の成人の日(Trends Neurosci)2017.1.20
Yuzaki M, Aricescu AR. A GluD Coming-Of-Age Story. Trends Neurosci in press.

三品らとSeeburgらによって1993年にcloningされて以来、長らく孤児受容体として作動原理が不明であったデルタ型グルタミン酸受容体(GluD)についての、近年の進歩をまとめたinvited review論文です。