Translation

Welcome to Yuzaki Lab
    慶應義塾大学医学部柚崎研(神経生理学)では「神経活動や環境の変化が、どのようにして記憶・学習を引き起こし、どのように神経回路網そのものを変化させるのか」というテーマに沿って研究を行っています。詳しくはこちら
Past News
Journal Club
Recruiting!
意欲あふれる方の参加を待っています。これからの基礎科学を担う若手研究者を積極的に育てていきます。
   医学部修士過程はこちら
   医学部博士課程はこちら
   連絡先はこちら

投稿者の記事一覧

2022/3/14 Journal Club(Shiozaki)

ASH1L haploinsufficiency results in autistic-like phenotypes in mice and links Eph receptor gene to autism spectrum disorder

Yuze Yan, Miaomiao Tian, Meng Li,1 Gang Zhou, Qinan Chen, Mingrui Xu, Yi Hu, Wenhan Luo, Xiuxian Guo, Cheng Zhang, Hong Xie, Qing-Feng Wu, Wei Xiong, Shiguo Liu, and Ji-Song Guan

Neuron. 2022 Jan 20;S0896-6273(21)01090-4. doi: 10.1016/j.neuron.2021.12.035. Online ahead of print.

posted on 03/13/2022 3:33 PM

2021/6/21 Journal Club(Shiozaki)

Female-specific synaptic dysfunction and cognitive impairment in a mouse model of PCDH19 disorder

Naosuke Hoshina, Erin M. Johnson-Venkatesh, Miyuki Hoshina, Hisashi Umemori

DOI: 10.1126/science.aaz3893

posted on 06/21/2021 9:24 AM

2020/11/2 Journal Club(Shiozaki)

Nature Neuroscience, July 13, 2020

The endogenous neuronal complement inhibitor SRPX2 protects against complement-mediated synapse elimination during development

Qifei Cong, Breeanne M. Soteros, Mackenna Wollet, Jun Hee Kim, Gek Ming Sia

https://doi.org/10.1038/s41593-020-0672-0

DOI:10.1038/s41593-020-0672-0

posted on 11/01/2020 11:11 AM

輪読会のお知らせ

新たに”Principles of neurobiology 2nd edition”を読み始めます。

神経科学分野の第一線で活躍するLiqun Luo博士が、Stanford大学での20年間にわたる神経生物学の授業をもとに執筆した単著です。2020年9月に5年振りの改定版として第2版が出版されました。神経生物学に興味がある方、英語の勉強をしたい方、多数の参加をお待ちしております。

参加希望者は下記までご連絡ください。10月15日(木)18時に初回開催、説明予定です。

※不明点・質問などについても、下記までご連絡ください。

【場所】オンライン開催

【対象】神経生理学を学びたい方、英語の勉強をしたい方、輪読会に興味のある方。身分・職位は問いません。

慶應義塾大学医学部 生理学 (Ⅰ)  柚﨑研究室

塩﨑茉莉:mari.z6@keio.jp

posted on 09/29/2020 8:23 PM